日本医師会の中川俊男会長は16日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の全面解除に関し、「感染が再拡大した場合は速やかに重点措置(を適用する)などの対策をお願いする」と政府に求めた。オミクロン株の別系統で感染力が強いとされる「BA.2」への置き換わりが進む可能性を踏まえた。
 全面解除の判断に対しては、「政府がコロナとの共存に大きくかじを切ろうとしていることに一定の理解をする。これからも徹底した感染防止対策の継続が必要だ」との考えを示した。
 ワクチンの4回目接種をめぐっては、「供給量を十分確保する道筋を付け、3回目接種からの間隔などについてのデータが出そろった段階で判断してほしい」と要望した。 (C)時事通信社