中外製薬の奥田修社長は17日、報道各社の取材に応じ、新型コロナウイルス治療薬の抗体カクテル療法「ロナプリーブ」に関し、2022年度の日本政府への供給について「3月末をめどに契約を締結する予定だ」と述べた。供給量は明らかにしていないが「政府からの要望に添った形」という。 (C)時事通信社