18日に開幕する第94回選抜高校野球の大会本部は17日、京都国際(京都)が出場を辞退したと発表した。大会前のPCR検査で複数のチーム関係者が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。
 京都国際は14日に実施した検査で、チームに同行する31人中8人が陽性だった。そのうち2人は後に発熱。16日の再検査で、さらに5人が陽性となった。
 大会の緊急対策本部は感染拡大予防ガイドラインに基づいて議論し、出場可否を決める上で重要な基準となる「チーム内での集団感染」に該当する可能性が高いと判断し、同校に伝達。17日午後に、学校側から辞退の申し出があった。
 開幕前の辞退だったため、近畿地区で補欠1位の近江(滋賀)が代わりに出場する。大会第2日の第2試合で、京都国際と対戦予定だった長崎日大(長崎)と当たる。
 大会前のPCR検査では、京都国際以外に3校6人の陽性が確認されたが、いずれも個別事案で各校の出場は可能と判断された。 (C)時事通信社