【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業モデルナは17日、新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種について、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用の許可を申請したと発表した。対象は18歳以上。同社は4回目接種の必要性に関し、変異株「オミクロン株」の感染拡大後に米国やイスラエルで発表されたデータなどに基づいていると説明した。
 米製薬大手ファイザーも今週、65歳以上の高齢者を対象にした4回目のワクチン接種の緊急使用許可を申請したと発表。追加接種により、感染や重症化の比率が下がったとするイスラエルの調査結果を示していた。
 イスラエルなど一部の国は、高齢者らを対象に4回目の接種を行っている。 (C)時事通信社