チーム内で多くの新型コロナウイルス陽性者が確認され、第94回選抜高校野球大会の出場を辞退した京都国際(京都)の小牧憲継監督が18日、大会主催者を通じて談話を発表し、「全てこの春勝ち切るためにやってきた。簡単に切り替えられない。ただ、現実は受け止めなければならない」と心情を述べた。
 出場辞退の決定は17日夜、主将の辻井と副主将の森下に話した後、PCR検査で陰性だった生徒を集めて伝えたという。「みんなピンときていないというか、あぜんとした表情。本当に頑張ってきた姿を見ていたので、心苦しかった」と振り返った。陽性だった生徒には電話で伝え、対戦予定だった長崎日大(長崎)と代わりに出場する近江(滋賀)の監督にも連絡した。
 今後に向けては「子どもたち一人ひとりのケアが大事。すぐに気持ちを切り替えなくていい。どこかのタイミングで『もう一度日本一を目指し、甲子園への切符を取ろう』と伝えたい」と述べた。 (C)時事通信社