【北京時事】中国国家衛生健康委員会は19日、東北部の吉林省で新型コロナウイルス感染者2人が死亡したと発表した。いずれも基礎疾患があり、直接の死因はコロナと判定されなかったが、国内で感染者の死亡が確認されたのは昨年1月以来、約1年2カ月ぶり。吉林市によると、死亡したのは同市の65歳と87歳の男性で、死因はそれぞれ高カリウム血症や肺塞栓症などと診断された。 (C)時事通信社