遊園地やプロ野球観戦などで、価格変動制チケットの導入がじわりと拡大している。新型コロナウイルス感染拡大の影響が長引く中、入場者数を分散化して「密」を回避するとともに、収益の安定化につながると見込まれている。客が少ない日は割安になるため、ファン獲得のきっかけになるとの期待も高まる。
 ぴあ総合研究所(東京)の調べでは、2020年3月から1年間の国内チケット市場はコロナ前に比べ約4分の1に縮小した。こうした中で、需要に応じて価格を変える「ダイナミックプライシング(DP)」のチケットは普及。人工知能(AI)を用いてDPサービスを手掛ける三井物産系のダイナミックプラス(東京)によると、21年度のDPチケットの流通額は約62億円と前年度比1.5倍に膨らむ見通しだ。
 DPチケットは、開催日直前まで価格が変動するのが特徴。ダイナミックプラスの平田英人社長は「価格の選択肢が広がることで新規客増加が見込め、転売抑制にもつながる」と説明する。22年はプロ野球で計6球団が一部試合に導入。サッカーJリーグでは試験導入を含め、16クラブがDPチケットを扱う。DPを導入したスポーツイベントでは1~3割収益が増えたという。
 休日に入場者が集中しやすい遊園地でも変動価格制が広がる。富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は4月、当日窓口販売のフリーパスでDPを導入し、6月にはオンラインにも広げる。サンリオピューロランド(東京都多摩市)では4月、日ごとに価格が異なる料金体系に改める。ただ、発売後の価格変動はない。
 東京ディズニーランド(千葉県浦安市)と東京ディズニーシー(同)は、昨年から発売時の価格を4段階に設定した。「収益を安定させる効果もある」(広報)という。鉄道やバスなどの運輸、小売りでもDPの実証実験が進められており、幅広い分野で普及しそうだ。 (C)時事通信社