東北大学大学院運動学分野講師の門間陽樹氏らは、レジスタンストレーニングやウエートトレーニングなどの筋力トレーニング(以下、筋トレ)と全死亡や心血管疾患(CVD)、がん、糖尿病といった健康アウトカムとの関連について検討するため、システマチックレビューおよびメタ解析を実施。日常的に筋トレを実施している群では非実施群と比べてこれらのリスクが10~17%低かったが、筋トレの実施時間が週130~140分を超えると全死亡、CVD、がんについてはリスクが上昇に転じるJ字型の関連が認められたとする結果をBr J Sports Med2022年2月28日オンライン版)に報告した。同氏らは「筋トレには長期的な健康増進効果があるが、やり過ぎると効果が得られなくなってしまう可能性がある」としている。

有酸素運動とは独立した健康効果について検討

 これまで、レジスタンストレーニングなどの筋トレを日常的に行うことは、死亡やCVDなどの非感染性疾患(NCD)のリスクに逆相関しているとの報告がある。しかし、有酸素運動と比べ、早期死亡やNCDの予防における筋トレの効果が検討される機会は少なかった。また、筋トレと死亡やNCDとの間の用量依存性の関連については、十分に検討されていなかった。

 そこで門間氏らは今回、18歳以上の成人を対象に筋トレと死亡およびNCDとの関連について検討した前向きコホート研究のシステマチックレビューとメタ解析を実施。有酸素運動とは独立した筋トレの健康増進効果とともに、筋トレと健康アウトカムの間の用量依存性の関連について検討した。

週に約30~60分でリスクの低下度が最大に

 基準を満たした研究16件のデータを抽出し解析した結果、筋トレを全く実施していない群と比べて筋トレを実施している群では全死亡(解析対象7件)、CVD(同7件)、全がん(同6件)、糖尿病(同5件)、肺がん(同2件)のリスクが10~17%低いことが示された。一方、筋トレと大腸がん、腎がん、膀胱がん、膵がん(解析対象はいずれも2件)の間に関連は認められなかった。

 また、筋トレと全死亡、CVD、全がんのリスクの間にはJ字型の関連が認められ、週に約30~60分の筋トレを実施した場合に最もリスクが低くなり(約10~20%のリスク低下)、週に130~140分を超えるとこれらのリスクが上昇に転じることが明らかになった。一方、筋トレと糖尿病リスクの間にはL字型の関連が認められ、筋トレの時間が週に60分に達するまで大幅な糖尿病リスクの低下が認められ、60分を超えてもリスクは低下していた。

 以上の結果に基づき、本間氏らは「筋トレの長期的な健康増進効果が示された一方、やり過ぎるとかえってCVDやがん、死亡に対する健康効果が得られなくなってしまう可能性が示唆された」としている。

(岬りり子)