厚生労働省は23日、薬事・食品衛生審議会の専門部会を開き、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の対象年齢について、現行の18歳以上から12歳以上への引き下げを提示し、了承を得た。公的接種の対象とした上で、早ければ4月にも開始する見通し。12~17歳へのワクチンは当面米ファイザー社製を使用する。
 1、2回目は5歳から接種可能。3回目は臨床試験(治験)のデータが不十分などの理由から18歳以上に限定していた。
 海外ではファイザー社製ワクチンを用い、12~17歳への3回目が始まっている。専門部会は、イスラエルや米国のデータから有効性や安全性に問題はなく、オミクロン株に対しても一定の効果が見込めると判断した。米モデルナ社製ワクチンも、データが集まり次第使用を検討する。
 厚労省は11日、専門部会に先立ち、早ければ4月から12~17歳の3回目が始まる可能性があるとして、接種券の発送などの準備を進めるよう自治体に通知していた。 (C)時事通信社