期間限定とうたった割引を期間終了後も続けていたなどとして、消費者庁は24日、介護資格講座などを全国で運営する「EE21」(大阪市北区)に対し、景品表示法違反(有利誤認)で再発防止などを求める措置命令を出した。
 調査した公正取引委員会によると、同社は2020年10月~21年7月、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格取得講座について、通常受講料を6万4500円とした上で、期間限定で5000~3万5000円安い価格で受講できるとの広告を自社ウェブサイト上に掲載した。
 しかし、期間終了後も割引を継続し、通常受講料で販売した実績もなかった。現在は改善されているという。
 EE21の話 真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努めたい。 (C)時事通信社