政府は25日の閣議で、2021年度予算の新型コロナウイルス対策予備費(5兆円)について、計1兆4529億円の追加支出を決めた。ワクチンや治療薬、抗原検査キットの確保などに1兆3475億円を充てるほか、住民税非課税世帯を対象とした臨時特別給付金の事業費に不足が生じたため1054億円を使う。 (C)時事通信社