塩野義製薬の新型コロナウイルス飲み薬について、後藤茂之厚生労働相は25日の閣議後記者会見で、薬事承認されれば100万人分を購入することで同社と基本合意したと発表した。購入後、一定数量を継続して確保することも確認したという。
 後藤氏は「実用化されれば軽症者の治療の選択肢が広がる」とし、「安全性と有効性が確認された場合には速やかに承認し、必要量を供給したい」と述べた。
 塩野義は2月25日、コロナ飲み薬の製造販売の承認を申請。臨床試験(治験)の完了前に実用化できる「条件付き早期承認制度」の適用を求めており、審査が続いている。 (C)時事通信社