日本フードサービス協会が25日発表した2月の外食産業売上高(新規店を含む全店ベース)は、前年同月比4.8%増と3カ月連続のプラスだった。前年は新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言下にあり、大幅に落ち込んでいたため。ただ、コロナ禍前の2019年2月比では15.5%減と低迷が続いている。 (C)時事通信社