第94回選抜高校野球の大会本部は25日、広島商(広島)が2回戦出場を辞退したと発表した。1回戦勝利校を対象とした大会中のPCR検査で、複数の関係者が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。26日の第8日第3試合で広島商と2回戦に臨む予定だった大阪桐蔭(大阪)は、不戦勝となる。 
 広島商は、23日の1回戦で丹生(福井)に勝利。翌24日に、チームに同行する35人中9人がPCR検査で陽性判定を受けた。25日の再検査でも9人の陽性は変わらず、新たに2人の陽性も判明。同日に学校側から辞退の申し出があり、受理された。広島商以外の15校の検査結果は、全員が陰性だった。
 今大会前には、京都国際(京都)の関係者に新型コロナ感染が判明して出場を辞退。補欠校の近江(滋賀)が繰り上げ出場している。
 主催者によると、選抜大会での不戦勝と不戦敗、開幕後の辞退はいずれも史上初。昨夏の第103回全国選手権大会では、コロナ感染により宮崎商(宮崎)と東北学院(宮城)が辞退。宮崎商は初戦の前、東北学院は1回戦に勝った後だった。(C)時事通信社