自民党の菅義偉前首相が、昨年10月の退陣から約半年を経て、活動を本格化させつつある。26日には沖縄県を訪問し、旗振り役を務めた振興策の成果をアピール。夏の参院選や9月の知事選に向け、てこ入れを図った。新型コロナウイルス対応で説明不足などと批判を浴びた首相在任中のマイナスイメージを一掃し、求心力の回復を図る思惑がありそうだ。
 菅氏は、那覇空港(那覇市)で開かれた新滑走路の運用開始2周年式典に出席し「官房長官、首相として沖縄問題に全力で取り組んできた」と強調。新型コロナワクチンや治療薬などの備えも進んでいるとした上で「間違いなく沖縄の観光産業はV字回復する。私もしっかり沖縄の発展を支援する」と訴えた。
 沖縄は今年、重要選挙が続く「選挙イヤー」。沖縄政策は菅氏が最も力を注ぐ分野の一つで、「誰も寄せ付けない天領」(政府関係者)だ。新滑走路も官房長官時代に工期短縮を実現させた案件。政府・与党の実績を誇示することにより、今後の選挙戦を有利に進める狙いがある。 (C)時事通信社