【ワシントン時事】バイデン米大統領の欧州訪問に同行していたジャンピエール大統領副報道官は27日、帰国後の新型コロナウイルス検査で陽性だったと発表した。症状は軽く、バイデン氏とは26日に会議で同席したものの濃厚接触者には該当しないとしている。バイデン氏の検査結果は明らかになっていない。
 サキ大統領報道官も22日に新型コロナに感染し、バイデン氏の訪欧同行を見送っていた。高官の感染が相次いだことでホワイトハウス内の防疫体制のあり方が問われそうだ。 (C)時事通信社