【上海時事】新型コロナウイルスの感染が広がる中国・上海で28日、市の東半分が事実上のロックダウン(都市封鎖)に入った。期間は4月1日まで。その後、同月5日まで西半分で封鎖措置が導入され、約2600万人の全市民に対するウイルス検査を終える予定だ。西側のスーパーには外出制限に備え、食料など必需品を買い求める人が長い列をつくった。
 市当局によると、27日には新たに3500人(うち無症状3450人)の市中感染が確認され、11日連続で過去最多を更新。経済や生活を犠牲にしても感染拡大を抑え込む「ゼロコロナ」政策は、正念場を迎えた。 (C)時事通信社