山際大志郎経済再生担当相は28日、東京都内で、スーパーコンピューター「富岳」を用いた飛沫(ひまつ)のシミュレーションに関する事業者向けの研究発表会を視察した。山際氏はあいさつで新型コロナウイルス感染に触れ、「これから先は感染者をある程度の発生数で抑え込み、いかに経済社会を動かすかというステージに入っていく」と述べた。 (C)時事通信社