日本サッカー協会は28日、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選のベトナム戦(29日、埼玉スタジアム)に臨む日本代表の選手1人が、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと発表した。当該選手は無症状で、チームを離れて療養している。他の選手、スタッフは全員の陰性が確認され、試合開催に影響はない。 (C)時事通信社