【ニューヨーク時事】米食品医薬品局(FDA)は29日、ファイザー、モデルナ両社製の新型コロナウイルスワクチンについて、50歳以上や一部の免疫不全症の人を対象に4回目の接種を許可すると発表した。両社製ワクチンの3回目接種から4カ月以上経過していることが条件。
 免疫不全症の人については、ファイザー製が12歳以上、モデルナ製は18歳以上に限り対象とする。当初の接種が1回で済むジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製を投与された人は、1回目の追加接種から4カ月以上経過すれば接種を認める。 (C)時事通信社