岸田文雄首相は30日、東京都の小池百合子知事と首相官邸で会談し、新型コロナウイルス対策やウクライナ危機への対応について、今後も国と都が連携して取り組むことを確認した。
 終了後、記者団の取材に応じた小池氏は、コロナに関し「(オミクロン株の別系統)BA.2への置き換わりが大変速いスピードで起こっている」と指摘。会談では首相に対し、同株の特性を踏まえた対応方針を明確にすることや、4回目のワクチン接種に向けて準備を進めるよう求める要望書を手渡した。 (C)時事通信社