スポーツ用品大手のアルペンは30日、東京都新宿区で4月1日にオープンする旗艦店「Alpen TOKYO(アルペントーキョー)」を報道陣に公開した。ゴルフ用品などのほか、コロナ禍で人気が高まった1人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」の専用売り場を設けた。
 店舗は地下2階から地上8階までの10フロア。キャンプフロアには1人用に適したテント約70種類をそろえた。価格は6000円から7万円程度と幅広く「初めての方にもお薦め」(広報担当者)という。最近人気の「たき火」用の道具を集めた売り場や、来店客が実際にテントを張ることができるスペースも備えた。
 サッカー用品売り場には、スパイクの試し履き用に欧州の有名スタジアムに採用されているシートを配置するなど臨場感を演出。ゴルフフロアには女性優先の試打席を設けている。 (C)時事通信社