自動車大手8社が30日発表した2月の国内生産台数は、合計で前年同月比1.6%減の約65万台だった。マイナスは7カ月連続。半導体不足で前年同月に落ち込んだ影響で、減少率は今年1月の20.9%から大幅に縮小したものの、半導体不足の長期化や新型コロナウイルスの感染拡大に伴う部品調達難により、生産調整が相次いだ。 (C)時事通信社