【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモは、同社の非侵襲的・連続的ヘモグロビン(SpHb)技術で小児患者の輸血管理が改善されたことを示す新研究の結果を発表した。研究は、トルコのマルマラ大学のグループが実施。前頭眼窩(がんか)前進術を受ける小児患者を、SpHbまたは従来の血液管理法でモニタリングした。SpHb群の方で術中輸血量の削減、術後の手術部位出血の低減、術後の集中治療室(ICU)滞在時間の短縮が見られた。(C)時事通信社