野田聖子少子化担当相が新型コロナウイルスに感染した疑いがあることが分かった。政府関係者が1日、明らかにした。野田氏は同日の閣議を欠席し、記者会見を含む全ての公務をキャンセルした。感染が確認されれば、閣僚で初めてとなる。
 野田氏は1日朝、微熱があったことから簡易的な抗原検査を実施。陽性の結果が出たため、PCR検査を受けて感染の有無を確認するとしている。 (C)時事通信社