楽天は1日、則本昂大、アラン・ブセニッツ、小峯新陸の各投手、安田悠馬捕手、川島慶三、小深田大翔両内野手の計6人が、3月31日のPCR検査で新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。1日のソフトバンク戦(楽天生命パーク宮城)は、則本に代わり涌井秀章投手が先発登板した。
 チームは31日までオリックス戦のため大阪に滞在していた。川島は微熱と倦怠感の症状が出ているが、他の5選手は無症状。大阪で隔離され、療養している。 (C)時事通信社