東京都の小池百合子知事は1日の定例記者会見で、都内の新型コロナウイルス感染者のうち、オミクロン株の別系統「BA.2」疑い例の割合が5割を超えたことについて、「置き換わりが速いということはそれだけ感染力が強いということ。しっかりと対策をお願いしたい」と述べ、リバウンド(感染再拡大)に警戒するよう都民に改めて呼び掛けた。
 小池氏は「きょうから新年度。人の移動や集まる機会が増える」と指摘。少人数、短時間での飲食や、混雑した場所への外出回避、ワクチンの追加接種など基本的な感染防止対策を求めた。
 「まん延防止等重点措置」が解除されてから、都内の新規感染者数は下げ止まりの傾向にある。小池氏は「ポイントは病床使用率。医療体制が逼迫(ひっぱく)することは避けなければならない」と強調した。 (C)時事通信社