松野博一官房長官は1日の記者会見で、新型コロナウイルスの流入を抑制するための水際対策を緩和し、現在7000人程度としている1日当たりの入国・帰国者総数の上限を10日から1万人程度に引き上げると発表した。これにより、留学生や技能実習生の来日を加速したい考えだ。
 松野長官は引き上げの理由について「日本人の帰国需要や留学生など外国人の入国ニーズに適切に対応する」と説明。「今後とも段階的に国際的な人の往来を増やしていきたい」と語った。 (C)時事通信社