広島への原爆投下後に降った「黒い雨」をめぐり、国の援護対象区域外で雨に遭った人も被爆者として認定する新基準の運用が1日、始まった。広島県と広島市には計2000件を超える申請があり、審査で認定された申請者に順次、被爆者健康手帳が送られている。
 対象は、黒い雨に遭ったことを確認できるか、可能性を否定できない人。がんや白内障など特定の疾病にかかっていることが要件だが、白内障は症状がなくても、過去に手術歴があれば認められる。厚生労働省は新たに約1万1000人が被爆者として認定されると見込む。 (C)時事通信社