楽天は2日、チーム内で新型コロナウイルスの陽性者が多数出たため、2日と3日のソフトバンク戦(楽天生命パーク宮城)を中止したと発表した。チーム活動としての全体練習も休止する。
 2日午前に開かれた臨時実行委員会で協議され、選手間の接触を減らしコロナ感染の収束を図るため、試合中止の結論に至った。12球団の見解が一致した自主的な判断。対応した楽天の石井一久監督兼ゼネラルマネジャーは「すごく残念な気持ちと悔しい気持ちが純粋にある。こういう状況を早く脱出しないといけない」と、無念さをにじませた。
 3月27日には茂木栄五郎内野手が陽性判定を受け、今月1日には則本昂大投手、安田悠馬捕手、小深田大翔内野手ら選手、コーチ計8人の陽性が判明した。
 全体練習の再開、5日からの西武戦(楽天生命パーク宮城)の開催は、チーム状況に応じて判断する。 (C)時事通信社