法務省は3日、古川禎久法相が新型コロナウイルスに感染したと発表した。閣僚の感染が確認されたのは野田聖子少子化担当相に続き2人目。
 古川氏は1日からウクライナ避難民の現状視察のためポーランドを訪問する予定だったが、家族がコロナに感染し濃厚接触者となる可能性が出たため急きょ中止。代役として林芳正外相が同国を訪問した。
 法務省によると、古川氏は抗原検査を受け、3日に感染が確認された。現在は在宅療養中という。 (C)時事通信社