岸田文雄首相は4日、就任から半年を迎えた。これを受け、首相官邸で記者団に「半年間を振り返り、大変難しい決断の連続だったが、新型コロナウイルス対策、ウクライナ問題、国内経済再生など課題は山積している。緊張感と危機感を持って日々取り組んでいきたい」と語った。
 首相は就任直後の衆院解散、大型経済対策取りまとめ、ロシアのウクライナ侵攻への対処などを挙げ、「気を抜くことのできない半年だった」と回想。特にコロナ対策について「(変異株の)オミクロン株の特性がはっきりしない中で、毎日毎日機動的に対応しなければいけなかった。心掛けたのが、感染症対策と経済社会をどう動かしていくのかのバランスだった」と説明した。
 最近の原油や原材料の価格高騰に触れ、「4月中に対策をしっかり用意したい」とも語った。 (C)時事通信社