【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、第146回定時株主総会に新任独立社外取締役候補者2人を提案すると発表した。キンバリー・リード氏とジョン・マラガノア氏が候補者となり、株主総会で承認された場合、退任の意向を表明している志賀俊之氏と国谷史朗氏の後任となる。同じく退任する坂根正弘氏の後任として、取締役選任に株主の承認が得られた場合、飯島彰己氏が新たな取締役会議長に指名される予定となっている。(C)時事通信社