後藤茂之厚生労働相は4日、新型コロナウイルス対策をめぐり、全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)らとオンラインで意見交換した。後藤氏は「新規感染者数はいまだに高いレベルで推移している。今後、(オミクロン株の別系統)『BA.2』に置き換わりが進むことが見込まれ、引き続き注視していくことが必要だ」との認識を示した。
 後藤氏は「可能な限り日常の生活を取り戻すために必要な対策を講じたい」と述べた上で、知事会に対し、高齢者施設への医療支援体制の強化などを要請した。 (C)時事通信社