松野博一官房長官は5日の記者会見で、菅内閣でワクチン担当閣僚を務めた自民党の河野太郎広報本部長が松野氏のワクチン担当相兼務に懸念を示したことに関し、「必要に応じて(過去の担当者の)経験も参考にしつつ、追加接種の促進に向けた現下の課題に関係閣僚と連携して取り組む」と述べた。河野氏は4日の講演で「あれだけ忙しい長官に果たして実務をやってもらえるのか心配の種だ」と語った。 (C)時事通信社