厚生労働省は6日、生活保護の1月分の申請件数が前年同月比3.6%減の1万9334件(速報値)だったと発表した。前年同月比で申請件数が減るのは、昨年4月以来9カ月ぶり。
 ただ、新型コロナウイルスの感染が国内で初めて確認された2020年1月分(1万8720件)は上回っている。これを踏まえ、厚労省担当者は「厳しい雇用情勢は続いており、引き続き状況を注視したい」と話している。 (C)時事通信社