【ビジネスワイヤ】生命科学向けデジタル技術の米メディデータは、ライフサイエンス企業の米ラボコープとの提携を延長したと発表した。ラボコープ・ドラッグ・デベロップメントは、EDC(電子データ収集)、eCOA(電子臨床転帰評価)、RTSM(ランダム化・治験薬供給管理)など、メディデータの技術を活用して製品を開発してきた。メディデータとラボコープの提携は過去14年間にわたる。今後、メディデータはデジタルバイオマーカーの共同開発にあたり、分散型臨床試験の拡大を目指すラボコープを支援していく。(C)時事通信社