パナソニックのカナダ子会社がサイバー攻撃を受けている恐れがあることが6日、分かった。身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」を使ってサイバー攻撃を繰り返しているグループが運営する「闇サイト」に、同社に対する犯行声明が掲載された。パナソニックは犯行声明について把握しているが、被害状況については「現在確認中」(広報)としている。身代金要求の有無などは分かっていない。
 犯行声明を出したのは、「Conti(コンティ)」を名乗るグループ。匿名性の高いインターネット空間「ダーク(闇)ウェブ」上には、パナソニック子会社から窃取したと主張する財務関係書類のデータなどが掲載されている。 (C)時事通信社