新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン4回接種のリスク・ベネフィットについてはいまだ不明点が多い。イスラエル・ワイツマン科学研究所のYinon M. Bar-On氏らは、同国保健省のデータベースを用いて、ファイザー製SARS-CoV-2ワクチン(トジナメラン)4回接種の有効性を検討。3回接種と比べてSARS-CoV-2感染および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)重症化の抑制が認められたことをN Engl J Med2022年4月5日オンライン版)に報告した。

オミクロン株の優勢期で検討

 イスラエルでは、オミクロン株の出現により昨年(2021年)12月ごろからSARS-CoV-2感染者が急増した。その要因として変異による免疫回避に加え、多くの国民がワクチン3回目接種から4カ月以上経過していることが挙げられる。そのため同国では今年1月、ワクチン3回目接種から4カ月以上経過している60歳以上の成人、医療従事者、高リスク集団に対してトジナメランの4回目接種が承認された。

 同研究の対象は、オミクロン株が優勢だった2022年1月10日〜3月2日に60歳以上でトジナメランの4回接種基準を満たした125万2,331人。SARS-CoV-2感染例やトジナメラン以外のワクチン接種歴を有する者などは除外した。

 最終的に62万3,355人にトジナメランの4回目接種が実施され、4回目接種から8日経過した者を4回接種群(追跡期間2,393万5,905人・日)、4回目接種後3〜7日の者を4回対照群(同3,100万,299人・日)、未接種者を3回接種群(同267万3,874人・日)と定義。感染率および重症化率を年齢、性、人口統計学的特性、暦日を調整した準ポアソン回帰分析により算出した。

感染抑制は減弱も重症化抑制は維持

 検討の結果、10万人・日当たりの重症化症例は、3回接種群の3.9例、4回対照群の4.2例に対し、4回目接種群では1.5例だった。4回接種群に対する接種後4週時点の調整後重症化率比は3回接種群で3.5(95%CI 2.7〜4.6)、4回対照群では2.3(同1.7〜3.3)といずれも高かった。また、抑制効果は6週間維持された。

 10万人・日当たりの感染者数は、3回接種群の361例、4回対照群の388例に対し、4回接種群では177例だった。4回接種群に対する接種後4週時点の調整後感染率比は3回接種群で2.0(95%CI 1.9〜2.1)、4回対照群では1.8(同1.7〜1.9)といずれも高かった。ただし、5週目以降は抑制効果が減弱した。

 以上の結果から、Bar-On氏は「トジナメランの4回接種は感染および重症化を抑制した。5週目以降、感染抑制は減弱したものの、重症化抑制は研究期間を通じて維持された。長期にわたる抑制効果の評価のため、さらなる検討が求められる」と結論している。

(安部重範)