参院憲法審査会は6日、緊急事態における国会審議でのオンライン出席の是非をめぐり、憲法学者2人を招いて参考人質疑を行った。2人は感染症のパンデミック(世界的大流行)などの場合には、現行憲法下でもオンラインでの国会出席は認められるとの見解を示した。
 参考人は九大院法学研究院の赤坂幸一教授と早大院法務研究科の長谷部恭男教授。
 赤坂氏は「緊急事態にこそ議会審議が必要だ」と指摘。「例外的、限定的にオンライン(出席)を採用することは『議会の形成権』の範囲だ」と語った。
 長谷部氏は「国会としての最低限の機能を果たすことができない極めて例外的な事情の存在が客観的に認定される場合に、必要最小限でオンライン開催を認めることはあり得る」と述べた。 (C)時事通信社