政府は若い世代に新型コロナウイルスワクチン接種を促すため、近く新たな対策に乗り出す。3回目接種を終えた人を対象にイベントの割引を実施する方向だ。大学に支援金を出して大学生の接種を後押しすることも検討しており、7日に岸田文雄首相が具体策を表明する見通しだ。
 政府は既に、一定の条件を満たした人にコンサートやスポーツ観戦などの料金を助成する新たな需要喚起策「イベントワクワク割」を準備。昨年末で終了した「Go To イベント」に代え、年明けからスタートを予定していたが、感染「第6波」の影響でずれ込んでいた。
 事業再開に当たり、政府は3回目接種を条件に加える方針。接種による金銭的なメリットを拡大することで、社会経済活動のレベルを引き上げたい考えだ。ただ、松野博一官房長官は6日の記者会見で「事業開始は感染状況を踏まえて判断する」と、時機を慎重に見極める意向を示した。 (C)時事通信社