松野博一官房長官は6日、全国町村会の荒木泰臣会長(熊本県嘉島町長)とオンラインで意見交換し、新型コロナウイルスのワクチン接種の加速に向けて、協力を要請した。ワクチン担当相を兼務する松野氏は「65歳未満への接種も本格化する中、特に若年層がワクチン接種を受けやすい環境整備が重要だ」と強調した。 (C)時事通信社