松野博一官房長官は7日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の初発令から2年を迎えたことについて「最大限の警戒を保ちつつ、保健・医療体制をしっかり稼働させることを基本に対応する」と強調した。
 岸田政権の対応に関しては「オミクロン株の発生では、まん延防止等重点措置や水際対策の機動的な対応など、先手先手で取り組んできた」と述べた。 (C)時事通信社