パナソニックホールディングス(HD)は7日、カナダ子会社が身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」によるサイバー攻撃を受けていたと発表した。攻撃は2月に確認され、情報システムなどに影響があったが、既に復旧しているという。
 子会社に対しては、サイバー攻撃を繰り返す「Conti(コンティ)」を名乗るグループが犯行声明を出している。 (C)時事通信社