岸田文雄首相は7日、新型コロナウイルスの新規感染者が再び増加に転じたことを受け、対処方針を関係閣僚と首相官邸で協議した。この後、停滞しがちな若者の3回目のワクチン接種を加速するため、予約に空きのある自治体の大規模接種会場を活用し、大学生らへの集団接種を進める方針を記者団に示した。これに伴う必要な費用は国が支援する。
 首相は現在の感染状況について「再拡大の兆候がみられる」と指摘した上で、「急激な感染拡大を防ぎ、日常の生活へ移行していけるよう国民一人ひとりの協力をお願いする」と要請。20代以下の感染者の割合が増えていることを踏まえ、「特に若い世代の接種が重要だ」と呼び掛けた。 (C)時事通信社