松野博一官房長官は7日、新型コロナウイルスワクチンをめぐり、全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)とオンラインで意見交換した。ワクチン担当相を兼務する松野氏は、特に若年層の3回目接種率が低いとして「環境の整備や情報提供にご協力をいただきたい」と要請した。
 平井氏は「(流行の)『第7波』にこのまま向かうのではという勢いも出始めている」と指摘。「ワクチン接種は(対策の)要となってくる」と述べ、接種の働き掛けを強める意向を示した上で、12~17歳向けの米ファイザー製の確保などを政府に求めた。 (C)時事通信社