【ワシントン時事】ペロシ米下院議長の報道官は7日、ペロシ氏が新型コロナウイルス検査で陽性であることが判明したと明らかにした。今週末で調整されていたペロシ氏をトップとする米議員団の日本、台湾歴訪は延期になった。
 ペロシ氏は今週受けた別の検査で陰性だったが、改めてPCR検査をしたところ陽性であることが分かった。ワクチンの追加接種を済ませており、無症状だという。
 米大統領職の継承順位2位の要職である下院議長の訪台は25年ぶりとなるはずだった。中国外務省の趙立堅副報道局長は7日の記者会見で「米台間のいかなる形式の公式往来にも断固反対する」と訪台計画を直ちに取り消すよう求め、「米側が独断専行すれば強力な措置を取る」と反発していた。 (C)時事通信社