DeNAは8日、チーム内で新型コロナウイルスの陽性者が相次いだため、同日から10日まで横浜スタジアムで開催予定だった中日戦3試合の中止を発表した。7日の阪神戦(甲子園)も中止となっていた。 
 DeNAでは7日までに、主力の牧秀悟内野手らの陽性が判明。8日には砂田毅樹投手、楠本泰史外野手も検査で陽性判定を受けた。
 三原一晃球団代表はオンラインで取材に応じ、「団体行動を停止し、セーフティーなチームをつくることが必要」と話した。(C)時事通信社