プロ野球12球団は8日、新型コロナウイルスの検査回数を増やす方針を了承した。月に1度の定期検査は2週間に1度、2カード以上続く遠征後に実施していた検査は遠征の前と後の2度に変更する。オンラインで開かれた臨時実行委員会で、日本野球機構(NPB)から提案された。
 今月に入り、楽天やDeNAで新型コロナの陽性者が頻発したことを受けた措置。井原敦事務局長は「検査頻度を高め、できるだけ感染や陽性の多発事案を未然に防ぎたい」と説明した。 (C)時事通信社