【北京時事】中国の習近平国家主席は8日、2~3月に行われた北京冬季五輪・パラリンピックについて「国際社会は積極的に評価している」と総括した。大会期間中の新型コロナウイルス対策も「正確で有効だった」と自賛した。北京の人民大会堂で行われた選手らの表彰式で演説した。
 習氏は、開幕・閉幕式に関し「信頼され、愛され、尊敬される新時代の中国の姿を示した」と主張。新型コロナ対策では、外部との接触を断った「バブル」内の陽性率が一定程度にとどまり、市中感染にもつながらなかったとし、「中国の防疫政策は再び試練を耐え抜き、世界に有益な経験を提供した」と胸を張った。 (C)時事通信社